読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sorta kinda...

主にAWS関連ですが、これに限らずいろいろ勉強したことや思ったことを書いていきます。

Nagios で Ubuntu を監視しようとしたらハマった [cloudpack OSAKA blog]

ナスです。

Nagios を使って Ubuntu Server を何台か監視しようとしたんですが、その時にツラい目に遭ったのでみなさんに共有します。

 

やりたかったこと

Nagios サーバから、Ubuntu Server に入れた NRPE に対して引数をつけてメトリクスを収集したい。ただそれだけ。

 

NRPE の設定

他にもいっぱいコマンド定義しましたが、とりあえず簡単に説明できる tcp ポートのチェックを例に。
設定ファイル:/etc/nagios/nrpe.cfg

allowed_hosts=127.0.0.1,<ip_address>
dont_blame_nrpe=1
command[check_tcp]=/usr/lib/nagios/plugins/check_tcp -p $ARG1$

 

Nagios サーバから確認してみると

# /usr/lib64/nagios/plugins/check_nrpe -H <ip_address>
NRPE v2.15

よし、通るな。

# /usr/lib64/nagios/plugins/check_nrpe -H <ip_address> -c check_tcp -a 80
CHECK_NRPE: Received 0 bytes from daemon.  Check the remote server logs for error messages.

え、え? なんで??

 

Google で検索しまくった結果

なんかバグレポートが見つかりました。
#756479 - nagios-nrpe-server: Ignores dont_blame_nrpe=1 - Debian Bug report logs

NRPE が引数つきの問い合わせに対応できなくなったようです。 詳細な経緯までは追ってませんが、-enable-command-args オプションを外してパッケージングするようになったみたいで、今後も復活することはないようです。

 

対処内容

引数を使わずに、NRPE 側で固定値を書きました…

allowed_hosts=127.0.0.1,<ip_address>
dont_blame_nrpe=1
command[check_tcp]=/usr/lib/nagios/plugins/check_tcp -p 80

たまたま Ubuntu Server は数台だけだったのでよかったですが、これがたくさんあったらもう最悪でした。 -enable-command-args オプションをつけてパッケージを作ればいいのですが、できればそんなことはしたくなかったので、今回はこれで落ち着きました。

 

普段 Amazon Linux とか CentOS しか触らないのでレアケースなんですが、もしかしたら Ubuntu 使うケースが増えてくるかもしれないので、誰かのお役に立てれば嬉しいです。

Zabbix とかならこんなことにはならなかったのかなぁ…