読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sorta kinda...

主にAWS関連ですが、これに限らずいろいろ勉強したことや思ったことを書いていきます。

勝手に yum update がかからないように [cloudpack OSAKA blog]

ナスです。

なんか勝手に yum update が走ってるぞ…

AmazonLinux の AMI を作成して、それを基に EC2 インスタンスを起動したら、勝手に yum update がかかってしまいました。今インストールしている特定のミドルウェアだけを更新したかったのに、全部のミドルウェアのバージョンが上がってしまいました。

今まで何気なくやっていた作業なのに気付かなかったなーと思ったら、だいたい構築し終わってすぐに AMI 作成して EC2 の起動確認するから気付かなかったんですね。ちょっとした作業でも気づきがあって、クラウドの世界って面白いです。(ハマると悲惨ですが…

 

さて、これなんとかならないものか

簡易なDRを組んでいて訓練等でDRサイトで AmazonLinux を起動したり、検証で AMI から新規に AmazonLinux を作成したりした時に毎回 yum update が動くと困ります。なんか回避手段ないかなーと調べてみたら、普通にありました。しかもよくある質問に。

よくある質問 - Amazon Linux AMI | AWS

AMI から EC2 を起動する時に、ユーザデータの箇所を下記のようにするだけでいけます。

#cloud-config
repo_upgrade: none

こうすることで、EC2 起動時にパッケージの更新がされなくなります。

 

最近はしっかりとドキュメントを読んでるつもりでしたが、まだまだ知らないことがたくさんありそうです。